妊娠の便秘に豆乳とヨーグルトがいい

妊娠すると便秘になってしまうという女性がとても多くいます。

 

妊娠中に便秘になってしまう理由の一つとしては、赤ちゃんが大きくなるに連れて腸が圧迫されてしまい、便通が悪くなってしまうということがあるのです。

 

他には、体の水分が羊水や血液になってしまうため、水分が不足してしまい、便秘になってしまうということもあるのです。

 

妊娠中は運動がなかなかできないということもありますので、運動不足によって引き起こされてしまうということもあるのです。

 

妊娠するとそれまで普通に使っていた薬も、おなかの赤ちゃんに悪影響があるかもしれませんから安易に使うことはできません。

 

女性の多くが悩んでいる便秘は妊娠するとより症状が重くなることもありますが、仮に安全だといわれても便秘薬はあまり使いたくはないでしょう。

 

また、それまでは便秘と無縁だった人でも、妊娠することによってお通じが滞ることも多いようです。薬に頼らず便秘を解消する、予防するにはどういった方法があるのでしょうか。

 

それには腸内環境を整え、腸のぜん動運動を促すことが大切です。

 

 

 

そこでオススメなのが豆乳を飲むということです。豆乳は大豆からできていますので、食物繊維が多く含まれているのです。

 

食物繊維が多く含まれていることによって、便を軟らかくさせる効果がありますので、便秘解消にとても効果があるのです。

 

一日200ml程度飲むことによって、便通が改善されますし、妊娠中に崩れてしまいがちなホルモンバランスを整えるという効果もあるのです。

 

妊娠中、腸の中に便が溜まってしまうことによって腐敗ガスが血液中に混ざってしまうということもあり、お腹の赤ちゃんにも悪影響があるということがありますので、なるべく自然な形で便通を良くするということがとても重要なのです。

 

妊娠していると、薬が飲めないということもありますので、あまりにも便秘が続いてしまうということがあったら健診の際に医師に相談するということも必要になります。

 

豆乳を飲むことで便通を良くし、スッキリとした快適なマタニティライフを送れるようにすることも大切なことなのです。

 

他にお勧めの食品としてヨーグルトがあげられます。

 

ヨーグルトは腸内環境を整える乳酸菌が含まれ、毎日継続して食べることによって腸内の善玉菌を増やしてくれるといいます。

 

お通じが良くなるだけでなく、免疫力もアップし乳製品ですからカルシウムも豊富に含まれ妊婦さんにはぴったりの食品です。

 

つわりがあっても食べやすいですし、便秘気味の人はもちろん予防として食べることを習慣にするとよいでしょう。

食べ方ですが、そのまま食べても良いのですが酸味が気になるなら砂糖ではなくハチミツやオリゴ糖がお勧めです。特にオリゴ糖はヨーグルトと合わせて食べることにより、いっそう乳酸菌の働きが良くなるといわれています。

 

また、鉄分補給も兼ねてドライフルーツを加えて食べるのも良いでしょう。

 

ただ、ドライフルーツの中でプルーンには注意しましょう。

 

プルーンは便秘にも効果的な食品ですが、食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがあるのであまり食べ過ぎないほうが無難です。妊娠中の便秘におすすめのオリゴ糖ベスト3