プラセンタ服用の経験

以前に、プラセンタのサプリタイプを通販で購入し、服用していました。理由は、更年期障害によるほてりや足先の冷え、動機や時々襲ってくる胸苦しさをどうにかしたいと思っていたからです。腰痛などもあり、女性ホルモンの低下のための症状だと思っていました。いまやプラセンタは女性に欠かせない成分といってもいいでしょう。

実際、内科では何の異常もなく、健康診断での血液検査の数値もすべて正常でした。ただ、産婦人科でのホルモン検査で、女性ホルモンがほとんどでていないと言われたことがあり、プラセンタサプリを購入しました。当時は、腰痛やひざ痛で整形外科にも通っており、電気治療なども受けていました。身体が痛いときは、マッサージに通っていましたし、精神的にも落ち込みがちで、心療内科に通っていたときもあります。婦人科プラス心療内科の漢方での治療と、整形外科での電気やけん引などの治療、それにプラセンタ服用で、なんとか毎日を過ごしていました。2年前が一番症状が激しかったです。

一時期はどうなるかと思っていましたが、精神的な回復とともに、だんだん薬から離れていきました。腰痛治療に関しても1年前からは通院することもなくなりました。

プラセンタ注射を、友人から勧められましたが、注射しだすと輸血ができなくなると聞き、踏みとどまりました。本当は注射が一番効果があるようです。

また、サプリの会社から、美容液タイプのプラセンタも勧められましたが、高価だったためお断りしました。症状がおさまるまでは、漢方もプラセンタも併用して飲んでいましたが、今は調子よいため、まったく飲んでいません。1年ほどの間、激しかった更年期障害も今はまったく症状がないです。